杜のくまさんの陸マイラーへの道

ハワイ情報、SFC修行などを含めた陸マイラー活動をマイペースに紹介いたします。

ANAの上級会員とSFC修行について

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

このカテゴリーで記事を書くのは初めてになりますね。

以前ご紹介した通り、私は2020年にSFC修行をしようと計画しています。

今日は、そのSFC修行についてご紹介していきます。

はじめに

ところでみなさん、ANAの飛行機に搭乗前にこんなアナウンスを耳にしたことがありませんか。

「プラチナ、スーパーフライヤーズ、スターアライアンスゴールドメンバーのお客様の優先搭乗を開始いたします。」(こんな感じのニュアンス)

私は、家族で海外旅行を何度かしたことがあるのですが、このようなアナウンスを耳にして「あれって、どんな人たちなんだろう。やっぱお金持ちで毎年いっぱい旅行してる人しかなれないよな。」と子ども心にずっと思っていました。

その後、陸マイラーのことを調べるようになる中で、お金持ちでなくても優先搭乗できる側の人間になることができるようになるということを知ったんです。

それこそが、SFC修行!!!!

どうですか、SFC修行をやってみたくなってきませんか!?

 

ANAの上級会員の仕組みとは!?

まずは、そのSFC修行についてお話をする前にANAの上級会員の仕組みを見ていきましょう。

3つのステージに分かれている!!

f:id:morikuma_8010:20190212001645j:plain

各航空会社には上級会員の仕組みが多く存在していますが、ANAの場合は「ブロンズ」、「プラチナ」、「ダイヤモンド」の3つのステージに分かれているようですね。

このステイタスカードを見ただけで上級会員に憧れてきます(笑)

 

プレミアムポイントの獲得数が基準になっている!!

f:id:morikuma_8010:20190212000852j:plain

上級会員になるためには、1年間で「ブロンズ会員」なら30000、「プラチナ会員」なら50000、「ダイヤモンド会員」なら100000プレミアムポイントを獲得する必要があるようです。

 

メリットを紹介!!

ANA上級会員になると様々な特典が用意されています。その中で代表的なものを以下の表にまとめてみました。

 

  ブロンズ プラチナ ダイヤモンド
専用サービスデスク
ラウンジ ANA SUITE LOUNGE × ×
ANA LOUNGE
コンシェルジュサービス × ×
座席アップグレード
プレミアムエコノミーへの変更 ×
国内線の先行予約
国内線座席指定の優先
予約時の空席待ちの優先
国内線特典航空券の空席待ち × ×
国際線特典航空券・アップグレード特典の優先 ×
国際線手数料の免除 × ×
優先チェックインカウンター
手荷物受け取りの優先 ×
手荷物許容量の優待
専用保安検査場の利用 ×
優先搭乗の案内 ×
空港での空席待ちの優先
アップグレードポイント
フライトボーナスマイル 40~55% 90~105% 115~130%
マイル有効期限の延長 × ×
マイルからANA SKYコインへ特別倍率で交換
スターアライアンス シルバー ゴールド ゴールド

どうでしょうか、特に魅力的なのはラウンジを利用できることですかね。通常は、国内線ではプレミアムクラス、国際線ではビジネスクラスやファーストクラスを利用する必要がありますが、プラチナ会員以上になると、普通席やエコノミークラスの利用でもラウンジを利用することができます。

出発前にラウンジでゆったりとくつろいでから旅に出発するというのには非常に憧れますね。

また、プラチナ会員以上はスターアライアンスゴールドメンバーが付与されるので、ユナイテッド航空などの利用の際にも優待を受けることができる点は魅力的ですね。

 

上級会員の有効期限はなんと1年間!!

これらのANAの上級会員はたったの1年間のサービスなんです。毎年1月から12月に獲得したプレミアムポイントの数に応じて翌年度のステイタスが決定し、翌年4月から1年間にわたる「単年度」のサービスになっているのです。

ラウンジの利用やスターアライアンスゴールドメンバーの権利を手に入れるためにプラチナ会員を維持するためには、毎年かなりの頻度で飛行機に乗り続けなければなりません。

ですが、出張が多いなどの理由がなければこれは非常に厳しいのです。

 

スーパーフライヤーズカードを作れば一生上級会員!!

ここで登場するのがスーパーフライヤーズカード(SFC)になります。これは、プラチナ会員以上になると申し込むことのできるカードで、一度保有すると生涯にわたってプラチナ会員と同等のサービスを受けることができるんです。

このカードを保有することを目当てにして、1年間飛行機にたくさん乗ることが「SFC修行」になります!!

 

SFC修行とは!?

SFC修行の概要

先ほども書かせていただきましたが、スーパーフライヤーズカード(SFC)を作るために、プラチナステイタスを目指して用もなく?飛行機に乗ることがSFC修行になります。

 

どのくらい飛行機に乗ればいいのか

プラチナステイタスを手に入れるためには、1年間(1月~12月)で50000プレミアムポイント(PP)を獲得する必要があります。

PPは、以下のように計算されます。

f:id:morikuma_8010:20190212135244j:plain

ここで、路線倍率というのは、国内線が2倍、国際線のANAグループ運航便の日本発着アジア・オセアニア路線が1.5倍、その他が1倍となるようです。

SFC修行でよく利用されている国内線の羽田・沖縄間でどの程度のPPが獲得できるのかを見ていきましょう。

獲得できるプレミアムポイントの計算は、こちらのサイトを利用しましょう。

cam.ana.co.jp

普通席のANA SUPER VALUE運賃で利用したとすると、

f:id:morikuma_8010:20190212135647j:plain

片道1476PP獲得できるということになります。

50000÷1476≒34より、羽田・沖縄間を17往復すればプラチナステイタスを手に入れることができます。なんと1か月に1回以上のペース(笑)

これでは大変なので、よく利用されるのがANA SUPER VALUE PREMIUM 28というプレミアムクラス運賃です。この羽田・沖縄間は、SFC修行をする人で予約が困難になっているそうです。

f:id:morikuma_8010:20190212140558j:plain

この場合、片道で2860PP獲得ができます。

50000÷2860≒17.5より、9往復すればプラチナステイタスを手に入れることができますね。9往復も多いように感じますが、これぞ修行!!

1年間頑張れば、一生プラチナステイタスを手に入れられるということを考えればへっちゃらですね(;^ω^)

 

SFC修行でかかる費用

SFC取得までにかかる費用は効率を考えて修行を行った場合、一般的に、1PP=10円 と言われています。この1PPを取得するためのコストを「PP単価」と言います。修行を進めていく上で、この「PP単価」というのは重要な指針になってきます。

1PP=10円として50000PPを獲得するためには50万円の費用が必要になりますね。もし、1PP=8円に抑えられたならば、かかる費用は40万円と10万円も違いが出てきます。

私は、1PP=8円を目指してSFC修行の計画を立てたいと考えています。

計画が立った際には、このブログ内でお知らせしていきますね。

 

貯まったマイルをANA SKY コインに交換してSFC修行

マイルを利用して特典航空券にした場合、プレミアムポイントを貯めることはできませんが、マイルをANA SKY コインにして航空券代金にあてればプレミアムポイントを取得することが可能です。

f:id:morikuma_8010:20190212141801j:plain

ANAカード保有の場合、50000マイル以上交換することで1.5倍の価値にすることができるので、費用を抑えるという点では有効ではないでしょうか。

私は、学生なので保有することはできませんが、ANAゴールドカードを保有していれば1.6倍にすることができるので、社会人の方には非常におすすめですね。

 

まとめ

SFC修行についてわかっていただけたでしょうか。SFCを手に入れることによってプラチナステイタスと同等の権利を手に入れることができるのは非常に魅力的ですよね。

ですが、学生がSFC修行をするのにはいくつかの障壁があるんです。次回はその点をお話しさせていただきます。