杜のくまさんの陸マイラーへの道

ハワイ情報、SFC修行などを含めた陸マイラー活動のノウハウをみなさんにお伝えしていきます。

杜くまの2020年SFC修行記 修行#3 4日目(最終日)

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

今回は、杜くまのSFC修行#3の最終日である4日目を振り返っていきたいと思います。

f:id:morikuma_8010:20200301174430j:plain

SFC修行#3 4日目の予定

これまで、修行#3の3日目までを振り返ってきましたが、朝確認すると、ここまでのPPがすべて反映されていましたよ。

f:id:morikuma_8010:20200301175415j:plain

残りが6000PPほどと、大詰めに差し掛かってきました。

そして、この日が修行の最終日となります。

最終日は、HND-ISG-KIX-OKA-HNDといういかにも修行僧らしいドメ4レグの日程となっています。

この4レグをもってSFC解脱となる最終日を振り返っていきましょう。

 

SFC修行#3 5/8レグ目 2/27 ANA89(NH89)便

この修行最終日は、まさに、「修行僧の朝は早い」を体現する1日でした。

京急の始発で羽田空港へと向かいました。

f:id:morikuma_8010:20200227051620j:plain

朝一の空港はまだまだ閑散としていますね。

この写真を撮るのも最後だと思いながら搭乗口へ。

f:id:morikuma_8010:20200227053309j:plain

この日の1レグ目は、ANA89(NH89)便、機材はA321ceoJA113Aでした。

f:id:morikuma_8010:20200227055340j:plain

ANAのA321は従来型のceoと新型のneoがあり、どちらが来るのかはわからないのですが、今回はceoがきました。ハズレを引きましたね(笑)

機内からは、朝日がきれいに見えました。

f:id:morikuma_8010:20200227062333j:plain

モニターのないceoだったこともあり、熟睡していたらいつの間にか石垣に着陸していました(笑)

 

初の石垣島はたった3時間の滞在

こうして初めて石垣島に降り立った杜くまでしたが、許された滞在時間はたったの3時間でした。

まずは、修行僧が必ずと言っていいほど訪れるスポットで写真を撮影。

f:id:morikuma_8010:20200227093945j:plain

続いて、デッキへ上がり、乗ってきたJA113Aを写真に収めました。

f:id:morikuma_8010:20200227095259j:plain

この空港はデッキから飛行機までの距離が近く、臨場感が感じられますね。

もう少し天気が良ければ、きれいな景色なんだろうな・・・。

f:id:morikuma_8010:20200227100721j:plain

そして、最後は昼食です。

やいま村で、やいまそばあおさの天ぷらをいただきました。

f:id:morikuma_8010:20200227105939j:plain

非常においしかったです。

 

SFC修行#3 6/8レグ目 2/27 ANA1748便

石垣島での3時間の滞在を終え、飛び立たなければならない時間がやってきました。

この日の2レグ目は、ANA1748便、機材は、B737-800型機、JA54ANでした。

f:id:morikuma_8010:20200227113132j:plain

離陸直後は、石垣島のきれいな海がよく見えましたよ。

f:id:morikuma_8010:20200227120029j:plain

この日は、気流が乱れていたようで揺れもありましたが、関西空港に到着。

石垣に引き続き、関空も杜くま初の上陸でした。

 

SFC修行#3 7/8レグ目 2/27 ANA1737便

しかしながら、関空にいられるのはたったの40分のみ。

同一機材で沖縄に向かいました。

搭乗したのは、ANA1737便

f:id:morikuma_8010:20200227143131j:plain

機材は同じくB737-800型機JA54AN

f:id:morikuma_8010:20200227141715j:plain

同一機材でしたが、CAは交代があったため、恥ずかしい思いはせずに済みました。

離陸直後には、関空が左手に見え、あんな海上にあるんだなと実感させられました。

f:id:morikuma_8010:20200227145952j:plain

そして、この修行中何度もお世話になった那覇空港に最後の着陸。

何か感慨深いものがありました。

f:id:morikuma_8010:20200227172145j:plain

 

4時間の最後の那覇滞在で首里城へ

修行中に何度も訪れている那覇ですが、これといった観光はできていなかったので、最後の4時間の滞在の中で、焼失してしまった首里城を訪れてみました。

ゆいレールで首里駅へ行き、そこから徒歩で首里城へ。

守礼門の方から中に入ってみました。

f:id:morikuma_8010:20200227181031j:plain

焼失した正殿付近も一部は見えるようになっていましたが、何とも言えない気持ちになってきました。

約2年前に修学旅行で訪れた際にはあった鮮やかな朱色の正殿がこんな姿になってしまったなんて信じたくなかったです。

一刻も早い復元を祈りたいと思います。

f:id:morikuma_8010:20200227181433j:plain

首里城公園内からはきれいな夕日も見えました。

f:id:morikuma_8010:20200227181934j:plain

 

修行の最後の晩餐はやはりこれ

その後、空港に逆戻り。

ちなみに、ゆいレールではsuica等の交通系ICカードが使えるようになるようです。

(今はもう使えるようになっていますね。修行記の更新遅すぎ(;^ω^))

f:id:morikuma_8010:20200227191002j:plain

今後の修行僧にはうれしい話ですね。あ、ちなみに杜くまは、せっかくだからと記念にOKICAを作っておきました(笑)

そして、修行最後の夕食の時間となりました。

杜くまが最後の晩餐に選んだのは、やはりこれ。

国際線ターミナルのポーたまです。

f:id:morikuma_8010:20200227193224j:plain

もちろんエビマヨのポーたまをいただきました。

f:id:morikuma_8010:20200227193213j:plain

次これを食べられるのがいつになるのかと考えていると涙が込み上げてきました(冗談)。

本当に美味しかったです。

 

SFC修行#3 8/8レグ目 2/27 ANA478便

夕食を終え、最後の搭乗が近づいてきました。

最後の搭乗便は、那覇空港最終便のANA478便

f:id:morikuma_8010:20200227202533j:plain

もはや定番の33番ゲートからの出発でした。

機材は、A321ceo、JA114A

f:id:morikuma_8010:20200227203358j:plain

またまたceoを引き当ててしまいました。最後くらいはneoに乗りたかったなぁ・・・。

そして最後のコンソメスープを味わい、無事に羽田に到着。

f:id:morikuma_8010:20200227212643j:plain

これにて、杜くまの計画していた修行日程はすべて終了しました。

プラチナ到達のはずです!!!

もう少しきついかなとも思っていましたが、そんなこともなく「終わってしまったのか」と残念に感じるほどでしたね。

 

まとめ

今回は、杜くまのSFC修行最終日である修行#3の4日目を振り返らせていただきました。

これにて、杜くまのドメ20レグ、インター4レグ、計24レグのSFC修行がすべて終了しました。

1か月間で24回(正確には修行分以外を含めると25回)も飛行機に乗ったことは初めてでしたし、おそらく今後もこのような経験をすることはないのではないかと思っています。

次回は、これにて実際にPLTに到達したのかということに関して、修行#3のまとめを行っていきたいと思っています。