杜のくまさんの陸マイラーへの道

ハワイ情報、SFC修行などを含めた陸マイラー活動をマイペースに紹介いたします。

【2020年SFC修行】仙台発着便のPP単価(2020年1月(7日~))

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

いよいよ、ANA国内線の2019年冬ダイヤの発売が開始されますね。

なお、すでにANAマイレージクラブ会員においては、発売が開始されています。

f:id:morikuma_8010:20190813150249j:plain

それに伴い、杜くまの住んでいる仙台発着便と羽田=沖縄線等の有力路線に関して、PP単価一覧表を月別に作成したものを順次公開していきます。

今回は、1月(7日以降)の仙台発着便に関するPP単価表を公開します。

 

2020年1月(7日~)の仙台発着便のPP単価

1月に関しては、年末年始にあたる6日までと7日以降で設定されている最低運賃が異なっているため、別々に公開させていただきます。

2020年1月(~6日)の仙台発着便のPP単価は以下の記事の中で公開しています。

 

2020年1月(7日~)の仙台発着便のPP単価は以下のようになっています。

f:id:morikuma_8010:20190823161638j:plain

なお、普通席、プレミアムクラスの最低額は、それぞれ、ANA SUPER VALUE 75ANA SUPER VALUE PREMIUM 28に設定されている最低額となっています。

同一路線に数便の運航がある場合には、設定運賃の最も安い便の最低額を記載しています。

また、例えば、仙台=成田便はQ84での運航であり、プレミアムクラスの設定はありませんが、運賃は設定されているような場合もあります。

そのため、各自でフライトスケジュール等は確認するようにしてくださいね。

 

2020年1月(7日~)の仙台発着便の傾向

上記の表において、PP単価が10円を下回っている路線を青字で示しています。

仙台=福岡線、仙台=沖縄線の普通席がPP単価10円を下回っていました。

1月(~6日)は、仙台=沖縄線の普通席に関しては、PP単価がほぼ7円という最低額が設定されていましたが、今回の期間は9円台後半ということで、少し残念な設定となりました。

仙台拠点でSFC修行を行う方は、この期間は、仙台=沖縄線の普通席を利用することになりそうですね。

 

まとめ

今回は、2020年1月(7日~)の仙台発着便のPP単価を公開させていただきました。

PP単価が10円を下回っているのは、仙台=沖縄線、仙台=福岡線の9円台後半ということで、年始の価格設定に比べ、残念な結果となりました。

今後も、これ以降、また有力路線についてのPP単価を公開していきますので、参考にしていただければと思います。

 

できるだけ出費を抑えたSFC修行を目指しませんか?

努力次第で自己負担0円でのSFC修行が可能になるかもしれません。

詳しくは、以下の記事をお読みください。