杜のくまさんの陸マイラーへの道

ハワイ情報、SFC修行などを含めた陸マイラー活動のノウハウをみなさんにお伝えしていきます。

【2020年SFC修行】仙台発着便のPP単価(2020年7月)

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

2020年の6月搭乗分までのPP2倍が発表され、修行を急遽始めるという方もいるのではないでしょうか。

とはいえ、新型コロナの現状を踏まえると、修行は自粛すべきですし、新たな予約をするのは困難な状況ですよね。

しかしながら、机上でエア修行をする方もいらっしゃるかと思うので、これまでに引き続き、杜くまの住んでいる仙台発着便と羽田=沖縄線等の有力路線に関して、PP単価一覧表を月別に作成したものを順次公開していきます。

今回は、7月の仙台発着便に関するPP単価表を公開します。

f:id:morikuma_8010:20200131230315j:plain

2020年7月の仙台発着便のPP単価

今回は、2020年7月の仙台発着便のPP単価一覧を公開するというということでしたが、前月である6月のPP単価一覧に関しては、以下の記事をご参照ください。

それでは本題となりますが、2020年7月の仙台発着便のPP単価は以下のようになっています。

f:id:morikuma_8010:20200328203539j:plain

なお、普通席、プレミアムクラスの最低額は、それぞれ、ANA SUPER VALUE 75ANA SUPER VALUE PREMIUM 28に設定されている最低額となっています。

同一路線に数便の運航がある場合には、設定運賃の最も安い便の最低額を記載しています。

また、例えば、仙台=成田便はQ84での運航であり、プレミアムクラスの設定はありませんが、運賃は設定されているような場合もあります。

そのため、各自でフライトスケジュール等は確認するようにしてくださいね。

 

2020年7月の仙台発着便の傾向

上記の表において、PP単価が10円を下回っている路線を青字で示しています。

今回の期間において、残念ながら仙台発着便でPP単価が10円を下回る路線はありませんでした。

5・6月に比べ、夏休みが近づいていることもあり、価格が上がっている路線が多く、PP単価を重視した旅程を組むことは難しいかもしれませんね。

そのため、仙台拠点でSFC修行を行う方は、この期間は、PP単価が10円台となっている仙台=沖縄線とその他有力路線(羽田=那覇線など)を組み合わせるという計画がよいかと思います。

 

まとめ

今回は、2020年7月の仙台発着便のPP単価を公開させていただきました。

PP単価が10円を下回っている路線は、仙台発着便では1つもなく、PP単価を重視した旅程を組むことは非常に難しくなっています。

そのため、仙台拠点でのSFC修行を計画している方は、仙台=沖縄線とその他有力路線を組み合わせる行程を作成するとよいと思います。

とはいえ、新型コロナの現状を踏まえると、予約をしようという決断には至りませんよね。

この先の期間に関しても更新を予定していましたが、新型コロナの状況を鑑み、作成を自粛させていただくことになりました。

この先は、2021年のSFC修行僧向けの記事を予定しているのでお楽しみに。