杜のくまさんの陸マイラーへの道

ハワイ情報、SFC修行などを含めた陸マイラー活動をマイペースに紹介いたします。

【2020年SFC修行】有力路線のPP単価(2020年2月)

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

ついに、ANA国内線の2019年冬ダイヤの発売が開始されました。

f:id:morikuma_8010:20190813150249j:plain

それに伴い、杜くまの住んでいる仙台発着便と羽田=沖縄線等の有力路線に関して、PP単価一覧表を月別に作成したものを順次公開していきます。

今回は、2月の有力路線に関するPP単価表を公開します。

 

2020年2月の有力路線のPP単価

はじめに、有力路線という表現ですが、拠点は利用する人が多いであろう羽田ベースで、SFC修行を行う人によく使われる羽田=沖縄線をはじめ、三角飛びに使われる路線、プレミアムクラスのPP単価の安い路線を杜くまが独自に選定し、取り上げさせていただきました。

また、大阪(伊丹・関西・神戸)ベースでSFC修行を行う方も一定数いるかと思うので、長距離路線を中心に取り上げさせていただきました。

他にもPP単価の安い路線が隠されているかもしれないため、発掘したいという方は、各自で運賃表を確認してみてくださいね。

2020年1月の有力路線のPP単価に関しては、以下の2つの記事の中で公開しています。

2020年2月の有力路線のPP単価は以下のようになっています。

f:id:morikuma_8010:20190823223104j:plain

なお、普通席、プレミアムクラスの最低額は、それぞれ、ANA SUPER VALUE 75ANA SUPER VALUE PREMIUM 28に設定されている最低額となっています。

同一路線に数便の運航がある場合には、設定運賃の最も安い便の最低額を記載しています。

また、路線によってはプレミアムクラスの設定のない機材での運航であるにも関わらず、運賃は設定されているような場合もあります。

そのため、各自でフライトスケジュール等は確認するようにしてくださいね。

 

2020年2月のSFC修行の傾向

上記の表において、PP単価が10円を下回っている路線を青字で示しています。

この期間に関しても、羽田=沖縄線をはじめとするSFC修行の主力となる路線は、PP単価が6円台という路線があります。

ですが、1月に比べ値上がり傾向となっており、1月は安い傾向であった北海道方面の路線のプレミアムクラスでPP単価10円未満の路線はなくなってしまいました。

大阪ベースでSFC修行を行う方に関しても、長距離路線の普通席のPP単価は軒並み10円を下回っているという傾向は変わらないものの、1月に比べて最安値が路線によっては上がっています。

プレミアムクラスを利用してSFC修行を行いたいという方は、PP単価が10円を切っているのが成田=沖縄線のみということで、より激戦区になりそうですね。

 

まとめ

今回は、2020年2月の有力路線のPP単価を公開させていただきました。

この期間に関しても、PP単価の安い路線が多くありますが、1月に比べると、値上がり傾向が見られました。

特に、プレミアムクラスのPP単価が10円を切っているのは成田=那覇線のみということで、この路線は激戦区となるかもしれませんね。

今後も、仙台発着便とともに、これ以降のPP単価を公開していきますので、参考にしていただければと思います。

 

できるだけ出費を抑えたSFC修行を目指しませんか?

努力次第で自己負担0円でのSFC修行が可能になるかもしれません。

詳しくは、以下の記事をお読みください。