杜のくまさんの陸マイラーへの道

ハワイ情報、SFC修行などを含めた陸マイラー活動をマイペースに紹介いたします。

TOKYUルート開通で注目度アップ!!中継サイトのドットマネーを解説

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

先日、TOKYUルートを解説させていただきましたが、
その交換において、ポイント中継サイトのドットマネーを経由していました。

今回は、そのドットマネーについて徹底解説していきたいと思います。

ドットマネーとは

ドットマネーは、ポイント中継サイトの1つとなっています。

f:id:morikuma_8010:20190704235217j:plain

以下の記事でも中継サイトがいくつか登場していますが、
PeXと同じ分類と思っていただいて構わないかと思います。

安全性について

それでは、こういったサイトを紹介する際の最重要ポイントである安全性について見ていきたいと思います。

ドットマネーを運営する株式会社ドットマネーは、アメブロで有名な株式会社サイバーエージェントの関連会社となっています。

この点から考えると、安心して利用ができるサイトではないでしょうか。

手数料の安さと高い交換レートの高さが魅力

また、このドットマネーの魅力に関してですが、手数料の安さ高い交換レートがあげられます。

換金する場合にしても、1マネー=1円で手数料無料で行うことができます。

他のポイントへの交換についても、高い交換レートが設定されており、以下のTOKYUルートにおいても、

f:id:morikuma_8010:20190704234343j:plain

TOKYUポイントに等価交換が可能となっています。

このおかげで、TOKYUルートの高い交換レートを実現することもできています。

ポイントの有効期限に注意

ドットマネーのポイントには、ポイントサイトからの交換などによるポイントに関しては6か月間という有効期限があります。

この点に関しては、陸マイラーはあくまで中継点としてのみ利用する方が多いと思うので大丈夫かと思いますが、注意するのはキャンペーンにより獲得したポイントについてです。

ドットマネーでは、ポイントサイトからの交換でポイント増額キャンペーンというものを定期的に行っており、これを理由にモッピーの利用を当ブログでもおすすめしています。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

ここで、このようなキャンペーンで獲得したポイントに関しては、有効期限が当月末となっています。

仮に、20日ごろにポイントが付与された場合、有効期限はたったの10日ほどとなってしまうため、この点には注意が必要になっています。

まとめ

今回は、TOKYUルート開通で注目度が上がったドットマネーについて解説させていただきました。

ドットマネーは交換レート90%のソラチカルートが存在したころは、メトロポイントへの中継点として活躍していましたが、その後は影をひそめる形となっていました。

ですが、このTOKYUルート開通で再び陸マイラーに愛される存在になりそうです。

ドットマネーが行うキャンペーンは、陸マイラーにとって非常に魅力的なものも多いので、定期的にチェックするようにしましょうね。

最後になりますが、今回紹介したドットマネーはこちらから登録が可能となっています。