杜のくまさんの陸マイラーへの道

ハワイ情報、SFC修行などを含めた陸マイラー活動をマイペースに紹介いたします。

ANAマイルの有効期限の延ばし方 有効期限を無制限にすることは可能か?

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

ANAマイルを貯めていると、「あともう少しで目標に届くのに有効期限が・・・」ということになってしまうことはありませんか。

今回は、そんな時に、ANAマイルの有効期限を延ばすことはできないのかということについて解説していきたいと思います。

ANAのマイルの有効期限は3年間

まずはじめに押さえておきたいポイントは、ANAマイルの有効期限は、獲得した月の36か月(3年後)の月末に失効するという点です。

f:id:morikuma_8010:20190713220916j:plain

ユナイテッド航空をはじめ、外資系の航空会社では、最後にマイルを獲得してから〇年後に失効というように、実質無期限に貯めることのできるマイレージもありますが、ANAはそういうわけにはいかないのでご注意ください。

 

ANAマイルを無期限にする方法

このように、一般的にANAマイルの有効期限は3年間となっていますが、この有効期限を無期限にする方法はいくつか存在しています。

①ミリオンマイラーになる

まず1つ目はミリオンマイラーになるということです。

ANAには、ミリオンマイラープログラムというものがあります。

f:id:morikuma_8010:20190713221618j:plain

このミリオンマイラープログラムは、ライフタイムマイル(LTマイル)の獲得実績により、特典を得ることのできる制度となっています。

LTマイルとは、ANAマイレージクラブに入会してから現在までの総飛行距離
(マイル口座に積算された搭乗分の区間基本マイレージの合計)です。
ANAグループ運航便に搭乗の場合は、「ANAライフタイムマイル」として、提携航空会社運航便に搭乗の場合は、「ライフタイムマイル(ANA+パートナー航空会社)」としてカウントされます。

そして、このミリオンマイラープログラムの特典の一つとして、100万LTマイル以上獲得でマイルの有効期限がなくなります。

f:id:morikuma_8010:20190713231304j:plain

 

②ダイヤモンドメンバーになる

2つ目は、ダイヤモンドメンバーになるということです。

ダイヤモンドメンバーは、上級会員の最上位ランクになっています。

上級会員については以下の記事で詳しく解説しています。

f:id:morikuma_8010:20190212000852j:plain

上図のように、年間のプレミアムポイント獲得数が10万を超えることで、翌年度のダイヤモンドメンバーになることができます。

10万プレミアムポイントということは、SFC修行を1年に2回やるペースでプレミアムポイントを獲得すればよいということになりますね。

なお、このダイヤモンドメンバーは1年間のサービスとなっていますが、ダイヤモンドメンバーである限りはマイルの有効期限がなくなり、ダイヤモンドメンバーでなくなった時点で保有しているマイレージに、新たに3年間の有効期限が設定されるようになっています。

ANAマイルの有効期限を延ばす方法

ここまでは、マイルの有効期限をなくす方法について解説してきましたが、陸マイラーがマイルを貯めている場合は、たくさんの飛行機に乗って先の2つを満たすことは難しいですよね。

ここからは、ANAマイルの有効期限を延ばすことはできないのかということについて考えていきたいと思います。

利用するクレジットカードを再考する

まずはじめに考えられることは、利用するメインカードを再考するという点です。当ブログでもメインカードとして、ANA VISA ワイドゴールドカードを紹介させていただいていますが、

このカードで貯めることのできるワールドポイントプレゼントの有効期限は3年間となっています。

なお、ANA VISA suicaカードなどの一般カードをメインカードとしている場合は、有効期限が2年間です。

これらのカードを利用している方が、マイル移行のコースで応募方式を選択し、この有効期限をフルで活用してマイルに移行した場合、ANAマイルの有効期限の3年間を合わせて、最大6年間(一般カードの場合は5年間)の有効期限ということになります。

しかし、陸マイラーとしてマイルをたくさん貯めたとしても、都合が合わず旅行に行けなかったり、希望マイルまで届かずにマイルが失効してしまったりするのは非常にもったいないですよね。

そういう場合には、メインカードを再考することも選択肢に入れましょう。

マイル還元率は下がってしまいますが、有効期限なしでマイルを貯めることのできるカードもいくつか存在しています。

いくつかの例をあげ、それぞれについて軽く触れておきたいと思います。

①ANA アメリカン・エキスプレス・カード

【年会費】¥7000+税(+ポイント移行コースへの年間参加費¥6000+税)

【マイル還元率】1%(ANAグループでの利用は1.5%)

②ANA ダイナースカード

【年会費】¥27000+税

【マイル還元率】1%(ANAグループでの利用は2%)

③アメックス スカイトラベラーカード

【年会費】¥10000+税(+ポイント移行コースへの年間参加費¥5000+税)

【マイル還元率】1%(ANA含む提携会社の航空券購入の場合は3%)

このカードに関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

④スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

【年会費】¥31000

【マイル還元率】最大1.25%

などがあります。

交換を考える

次に考えられることは、マイルを他のものに交換してしまうということです。ANAマイルは、いくつかの提携ポイントへの交換が可能となっています。Tポイントや楽天ポイントがその一例です。

ですが、これらの提携ポイント→ANAマイルの交換が、2ポイント=1マイルであることに対し、ANAマイル→提携ポイントの交換は等価交換になっているので、非常にもったいなく、あまりおすすめはできません。

そこで、1年間だけ実質的にマイルの有効期限を延ばすことのできる交換先が、ANA SKY コインになります。このコインは、ANAの航空券等を購入する際に1コイン=1円として支払いに利用することができ、有効期限は交換した月から12カ月目の末日になります。

そのため、「今は旅行の予約ができないけれど、もう少し経てば大丈夫そう。でも、マイルが失効してしまう・・・」といった方には、おすすめの交換先になります。

なお、ANAマイルからANA SKYコインへの交換は、以下のように保有カードによってレートが変化するので、できればゴールドカード以上を保有しておきたいものですね。

f:id:morikuma_8010:20190212141801j:plain

【最後の砦】メトロポイント返し

ですが、どうしてもマイルのまま保有したいという方もいるのではないでしょうか?

そういった方は、最後の砦としてメトロポイント返しを紹介したいと思います。

 

f:id:morikuma_8010:20190221162311j:plain

当ブログでは、ソラチカカードを使った交換レート90%でのメトロポイント→ANAマイルの交換を何度も解説していますが、実は、ANAマイル→メトロポイントへの交換も可能となっています。

こちらの交換は、等価交換が可能となっているため、メトロポイントに交換し、ANAマイルに戻すことで、マイル数は10%分少なくなってしまいますが、マイルのまま保持することが可能となっています。

なお、同一年度内(4月1日~翌年3月31日)に、ANAマイルから提携ポイントに交換するマイル数の累計が30,000マイル以上の場合、10,000マイル=メトロポイント5,000ポイントでの交換になりますが、ソラチカカード保有でこの制限もなくなるため、このメトロポイント返しにおいても、ソラチカカードは必須になりますね。

ソラチカカードに関しては、以下の記事をご覧ください。

まとめ

今回は、ANAマイルの有効期限の延ばし方について解説させていただきました。

ミリオンマイラー、ダイヤモンドメンバーになってマイルの有効期限が無期限になるのは非常に魅力的ですよね。ですが、そこに到達するのは厳しいかと思います。

そのため、ANAマイルの有効期限を延ばすためには、他のポイントへの交換等を考える必要があります。

その例としては、ANA SKY コインに交換して実質的に1年間の更新をする、もしくはメトロポイント返しをしてマイルのまま保有するといったことがあげられます。

できるだけマイルを失効しないようにし、有意義なマイレージライフを送れるようにしていきたいものですね。