杜のくまさんの陸マイラーへの道

ハワイ情報、SFC修行などを含めた陸マイラー活動をマイペースに紹介いたします。

ANA陸マイラー必見!! LINEポイントルートに次ぐマイル還元率のTOKYUルートとは

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

今まで、このブログではポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換する方法として、LINEポイントルートを紹介してきました。

LINEポイントルートは以下の記事で解説しています。
ですが、2019年6月からそれに次ぐ交換レートを実現できるTOKYUルートなるものが開通したようです。

今回はこのTOKYUルートについて詳しく解説したいと思います。

TOKYUルートとは

みなさんは、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを知っているでしょうか。

f:id:morikuma_8010:20190222000430j:plain

死蔵カードとしてもおすすめしているカードなのですが、
このカードには、ある1つの大きな特徴があります。

それは、TOKYUポイントを交換レート75%でANAマイルに交換できるという点です。

f:id:morikuma_8010:20190619234325j:plain

ソラチカカードのメトロポイント→ANAマイルの交換レート90%には劣りますが、nimocaカードの交換レート70%よりは高い数字となっています。

TOKYUルートでは、このTOKYUポイントを交換レート75%でANAマイルに交換できるという点を最大限利用するものとなっています。

 

TOKYUルート開通の背景

TOKYUルート開通の背景には、ポイント中継サイトのドットマネーからTOKYUポイントへの等価交換がスタートしたことがあります。

f:id:morikuma_8010:20190619235650j:plain

このドットマネーについては以下の記事をご覧ください。


ドットマネーへは、ハピタスやモッピーのポイントを等価交換することができるため、

f:id:morikuma_8010:20190619235740j:plain

TOKYUルートにおけるマイル還元率は75%となり、LINEポイントルートに次ぐ第2のルートが開通したといえるでしょう。

 

TOKYUルートの全容

このTOKYUルートを図で表すと以下のようになります。

f:id:morikuma_8010:20190620010735j:plain

LINEポイントルートに比べ、ハピタスからANAマイルへの交換手順が少なくなっています。

ここで、このTOKYUルートの長所としては、2点ほどあげられます。

まず1点目は、マイル移行上限が(ほぼ)ないという点です。

LINEポイントルートでは月に18000マイルまでという上限がありました。

ですが、このTOKYUルートでは、ドットマネーからTOKYUポイントへの交換における月に10万ポイント、つまり75000マイルが上限となっており、ほぼマイル移行上限がないといってもよいでしょう。

次に2点目は、マイル移行期間が短いという点です。

TOKYUポイントからANAマイルへの移行は約1週間となっており、ハピタス、モッピーからANAマイルまでの交換においてかかる期間は最短で3週間ほどとなっています。

LINEポイントルートでは数か月かかる場合もあるので、この点も強みとなっていますね。

その一方で、たった1つの欠点があります。

それは、ポイントタウン、ECナビに関してはドットマネーへの交換ができないため、LINEポイントルートを使っていく必要があるという点です。

 

モッピーが強い

モッピーに関しては以下の記事で詳しく解説していますが、

f:id:morikuma_8010:20190620003125j:plain

定期的にポイント増量キャンペーンも行われており、よりマイル還元率を高められる可能性もあります。

場合によっては、LINEポイントルートを超える交換レートとなるキャンペーンも行われるため、このモッピーについては今後の注目株となりそうです。

 

nimocaルートの利用場面は少なくなる

このTOKYUルート開通により、今まで第2のルートとして使われてきたnimocaルートの利用場面は少なくなるかと思います。

nimocaルートについては、以下の記事にまとめてあります。
何といっても、このnimocaルートの利用には、九州または函館に出向かなければならないという最大の欠点がありました。

唯一の長所であったマイル移行期間の短さについても、TOKYUルートも同様の短さでANAマイルへの交換が可能なため、優位性は無くなってしまいましたね。

 

TOKYUルートを使うための準備

それでは、ここからはTOKYUルートを使うための準備についてお話ししていきます。

まずは、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを準備する必要があります。

f:id:morikuma_8010:20190620010239j:plain


TOKYUポイントを貯められるカードはいくつかありますが、TOKYUポイント→ANAマイルの交換レート75%を実現できるのはこのカードのみとなっています。

なお、申し込みの際には、ポイントサイトを経由することを忘れないようにしてくださいね。

また、ポイント中継サイトのドットマネーに登録する必要があります。

ドットマネーへの登録はこちらからどうぞ。

 

まとめ

今回は、LINEポイントルートに次ぐ75%というマイル還元率を実現できるTOKYUルートについて解説させていただきました。

ドットマネーからTOKYUポイントへの交換が始まり、TOKYUルートが開通したということは陸マイラーにとっては非常にうれしい話ですね。

万が一、LINEポイントルートが閉鎖されたとしても、十分代替となり得るルートですので、しっかりと押さえておくようにしましょう。

また、このTOKYUルートは、ドットマネーでのポイント増量キャンペーンにより、LINEポイントルートを上回る還元率となるタイミングもあるかもしれないので、キャンペーンをチェックすることをおすすめします。

このポイント増量キャンペーンは、モッピーというポイントサイトからの交換で行われることが多いので、まだ登録していない方はこのタイミングで登録してしまいましょう。

モッピー!お金がたまるポイントサイト