杜のくまさんの陸マイラーへの道

ハワイ情報、SFC修行などを含めた陸マイラー活動のノウハウをみなさんにお伝えしていきます。

SFC修行の計画を考える④~海外発券を検討~

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

前回は、東南アジア路線に国内区間を追加することで、PP単価を安くすることができるということを解説させていただきました。

今回は、これに引き続き、東南アジア路線のPP単価を安くすることのできる「海外発券」を取り上げていきたいと思います。

f:id:morikuma_8010:20200412163650j:plain

海外発券を検討する

海外発券とは!?

いきなり海外発券という言葉が出てきて、聞きなれない方もいるかもしれませんが、難しい話ではないのでご安心ください。

例えば、羽田=クアラルンプール路線を予約する際に、普段旅行する場合は、羽田を出発地、クアラルンプールを目的地にして航空券を予約しますよね?

これを国内発券といいます。

海外発券というのは、この反対で、クアラルンプールを出発地、羽田を目的地にして航空券を予約する方法になります。

この場合の出発地はクアラルンプール(3コードはKUL)であるため、KUL発券と呼ばれることもあります。

SFC修行の計画を立てる際には、この海外発券は国内発券よりもお得な運賃を見つけられることも多くあるので、押さえておきたいポイントになります。

 

おすすめはKUL発券

そして、SFC修行におすすめなのは、上記の例と同様のKUL発券になります。

KUL発券は、特にプレエコやビジネスクラスといったプレミアムポイントを稼ぎやすい座席クラスの運賃が国内発券に比べ非常に安くなっているため、SFC修行のルート作りに有効となっています。

 

KUL発着の旅程例とPP単価

それでは、KULを発着地としたKUL発券でPP単価のシミュレーションをしていきましょう。

日程に関しては、2週連続にわたって週末に修行を行うことを想定して、日曜日にKUL→TYO、次の土曜日にTYO→KULとしてみました。

シミュレーション結果

①エコノミークラス(クラスS)利用

f:id:morikuma_8010:20200412165723j:plain

運賃:45650円

獲得できるPP:5006PP

PP単価:9.12円

 

②プレエコ(クラスN)利用

f:id:morikuma_8010:20200412165918j:plain

運賃:76750円

獲得できるPP:7808PP

PP単価:9.83円

 

③プレエコ(クラスE)利用

f:id:morikuma_8010:20200412170057j:plain

運賃:106450円

獲得できるPP:10814PP

PP単価:9.84円

 

④ビジネスクラス(クラスZ)利用

f:id:morikuma_8010:20200412170308j:plain

運賃:143010円

獲得できるPP:13316PP

PP単価:10.74円

 

KUL発券のエコノミー・プレエコのPP単価は10円未満

以上のように、KUL発券は、エコノミー・プレエコ利用の場合、PP単価が10円未満となりました。

国内発券の場合、座席クラスが上がるほどPP単価も高くなったのに対し、KUL発券の場合は、座席クラスが上がってもPP単価は大きく変わることはありませんよね。

特に、マイル積算率が100%の予約クラスEのプレエコを利用した場合も、PP単価は9円台となり、単価が安くPPを稼げるのでコスパは抜群ですね。

 

海外発券+国内区間を組み合わせる

ここで、前回取り上げたポイントを覚えているでしょうか?

それは、日本国内区間は片道5000円で追加ができるという点です。

前回と同様に、国内区間の沖縄路線をKUL発券と組み合わせるとPP単価がどうなるのかということもシミュレーションしていきたいと思います。

シミュレーション結果

①エコノミークラス(クラスS)利用

f:id:morikuma_8010:20200412171935j:plain

運賃:59070円

獲得できるPP:6974PP

PP単価:8.47円

 

②プレエコ(クラスN)利用

f:id:morikuma_8010:20200412172146j:plain

運賃:90170円

獲得できるPP:11744PP

PP単価:7.68円

 

③プレエコ(クラスE)利用

f:id:morikuma_8010:20200412172310j:plain

運賃:119870円

獲得できるPP:14750PP

PP単価:8.13円

 

④ビジネスクラス(クラスZ)利用

f:id:morikuma_8010:20200412172531j:plain

運賃:156330円

獲得できるPP:17252PP

PP単価:9.06円

 

PP単価7円台を実現!!

シミュレーションの結果、KUL発券+東京=沖縄路線の追加という2つのポイントを組み合わせることで、どのクラスにおいてもPP単価が10円を切るという結果が出ました。

特に、クラスNのプレエコを利用した場合は、PP単価が7円台を実現できます。

これは非常に優れたPP単価ですよね。

また、クラスEのプレエコもPP単価が8円台前半ということで、コスパは非常に優れているかと思います。

 

まとめ

今回は、SFC修行における「海外発券」の有用性について解説させていただきました。

東京発着のクアラルンプール路線では安いとは言えなかったPP単価ですが、東京=沖縄の国内線の追加と海外発券という2つのポイントを踏まえると、PP単価が7円台を実現できるということがわかりました。

これら2つのポイントをフル活用するためには、日程の調整が難しい方もいるかとは思いますが、SFC修行の計画を立てる上では重要な点になっていますので、しっかりと押さえておくようにしましょう。