杜のくまさんの陸マイラーへの道

ハワイ情報、SFC修行などを含めた陸マイラー活動をマイペースに紹介いたします。

ANAのA380型機のホノルル便就航で変わるコト

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

いよいよ今月の24日にANAのA380型機が成田=ホノルル便で運航が開始されます。

当ブログでは、この飛行機の動向をいくつか記事にしてきました。


また、前回はこのA380型機のシートの面を中心に徹底解説をさせていただきました。

今回は、このANAのA380型機就航により、ANAのハワイでのサービスやホノルル空港も変わることがあるということをお話ししていきたいと思います。

 

ANAでのハワイ旅行はどんなところが変わる!?

ANAエキスプレスバスが運行を開始

f:id:morikuma_8010:20190516000320j:plain

ワイキキを歩いていると、たくさんのトロリーが走っていますよね。

HISのLeaLeaトロリー、JTBのOLIOLIウォーカー、JALPACなどをよく見かけるかと思いますが、今までANA利用者が利用できるようなものはありませんでしたよね。

ですが、この度、2019年4月20日(土)からANAエキスプレスバスというものが運行開始されました。
ワイキキ中心部にあるTギャラリアからアラモアナセンターを直行約12分でつなぐ電気バスで静かで環境にもやさしいバスになっています。
ANA便利用のANAマイレージクラブ会員なら無料で利用することができます。

その他のトロリーやバスはワイキキを一周してから向かうため時間がかかりますが、このバスは直行で向かってくれるので、非常に便利なのではないでしょうか。

マハロラウンジがリニューアル

f:id:morikuma_8010:20190516002102j:plain

ワイキキ中心部にある、ANAハローツアー利用者向けのマハロラウンジがリニューアルします。

f:id:morikuma_8010:20190516002155j:plain

また、2019年5月20日から、ANAマイレージクラブ会員とその同行者はマイルを使ってこのラウンジを利用することが可能となります。

現地でのサポートが不安な方は利用してみてはいかがでしょうか。

空港ラウンジが新設

ホノルル空港において、ANAは現在、同じスターアライアンスメンバーであるユナイテッド航空(UA)のラウンジ「ユナイテッドクラブ」を使用しています。

A380の就航に合わせてターミナル2の3階、エバ・コンコースにあるC4搭乗口上に、海外の就航先では唯一の自社ラウンジを新設します。

f:id:morikuma_8010:20190516001303j:plain


ファーストクラスの乗客やダイヤモンド会員用の「ANAスイートラウンジ」と、

f:id:morikuma_8010:20190516001349j:plain


ビジネスクラス客などが使える「ANAラウンジ」を設けます。

f:id:morikuma_8010:20190516001408j:plain
なお、ラウンジからは、ファーストクラスがあるアッパーデッキ(2階席)へ直接搭乗できるようになります。

ホノルル空港も変わる!!

ホノルル空港のC4スポットは、A380型機就航に合わせてオープンします。先ほどお話ししたように、同空港におけるANA初の自社ラウンジから直結するアッパーデッキ対応のPBB(旅客搭乗橋)が据え付けられています。

f:id:morikuma_8010:20190516001451j:plain
また、C9スポットはラウンジ直結ではないですが、アッパーデッキにもアクセスできるPBBが設置され、7月1日以降のA380型機による1日2便運航体制に備えています。

 

まとめ

今回は、ANAのA380型機のホノルル便就航で変わるコトについてお話しさせていただきました。

ANAでは、A380型機の成田=ホノルル便就航を機に、ホノルル路線に非常に力を入れているという印象を受けました。

今までは、ハワイ旅行はJALという印象がどうしても強くなっていますが、シェアを獲得したり、座席を埋めたりするためには利用者にインパクトのあるサービスを提供することが必要なんでしょうね。

ANA HAWAIIということで大々的に宣伝もしていますもんね。
今回の記事の中では、すべてを紹介することはできないので、興味のある方はこのホームページを見てくださいね。

あわせて、このANAのA380型機就航は陸マイラーにとって朗報になるかもしれません。ぜひ、杜くまと共にマイルを使ったハワイ旅行を叶えましょう。
詳しいことはこの記事の中で説明しています。