杜のくまさんの陸マイラーへの道

ハワイ情報、SFC修行などを含めた陸マイラー活動をマイペースに紹介いたします。

ANA学生カードの選び方~1つ選ぶとしたらJCBブランドを選ぶべし~

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

今回は、自分のような学生が「ANAマイルを貯めたい」と思い立った時に、まず一番初めに作ろうと検討するであろうANA学生カードの選び方について解説していきたいと思います。

 

ANA学生カードの選び方

f:id:morikuma_8010:20190818162659j:plain

JCB・VISA/マスターの3ブランドがある

まず初めに押さえておきたいポイントは、ANA学生カードは、JCB・VISA/マスターの3ブランドから選ぶことができるという点です。

すべて5大国際ブランドに含まれているため、これらのブランド名は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、2015年に行われた調査によると、世界全体の総購入取引件数における国際ブランドのシェア率は以下のようになっています。

・VISA・・・56%

・マスター・・・26%

・JCB・・・1%

日本国内では、この3ブランドがすべて使えるというお店が多いように感じますが、世界全体に目を向けてみると、圧倒的にVISAが強いということが分かっていただけるかと思います。

 

ブランドによる違いはあるのか

それでは、ANA学生カードはそれぞれのブランドによりどのような違いがあるのかということを見ていきたいと思います。

ANA公式サイトを見ても違いは見当たらない

ANA公式サイトを見てみると、以下のように学生カードの3ブランドについてそれぞれの概要がのっています。

f:id:morikuma_8010:20190819122530j:plain

f:id:morikuma_8010:20190819122556j:plain

f:id:morikuma_8010:20190819122612j:plain

ですが、これらを見ても、ブランドによる違いは見受けられません。

では、「世界シェア率の高いVISAブランドを作ればいいのかな」と思ったあなた、ちょっと待ってください。

本当にこれらの3ブランドによる違いはないのでしょうか。

今度は、カードを発行するカード会社のホームページを見てみましょう。

 

マイル移行手数料に違いがある

ANA学生カードは、JCBブランドがOki Dokiポイント、VISA/マスターブランドがワールドポイントプレゼントというポイントを1000円=1ポイントで貯めることができます。

これらのポイントを、1ポイント=5ANAマイルで交換する5マイルコースと1ポイント=10ANAマイルで交換する10マイルコースがあります。

ここで、ゴールドカード未満のカードでは、このうちの10マイルコースを利用するのには、マイル移行手数料というものがかかります。

ですが、JCBブランドの学生カードでは、以下のように10マイルコースを無料で利用することができます。

f:id:morikuma_8010:20190819231351j:plain

JCBブランドのマイル移行手数料

一方で、VISA/マスターブランドの学生カードでは、特例はなく、以下のように10マイルコースを利用するのには、マイル移行手数料が年¥6000+税がかかります。

f:id:morikuma_8010:20190819231427j:plain

VISA/マスターブランドのマイル移行手数料

 

おすすめはJCBブランド

10マイルコースでカードを利用する場合と、5マイルコースでカードを利用する場合では、マイル還元率がそれぞれ1%0.5%となり、大きな差が生まれてきてしまいます。

ANAのマイルは有効期限があることを考えると、還元率の高いカードを利用することが得策となります。

ANAのマイルの有効期限に関する話は以下の記事をご覧ください。

以上のことを考えると、10マイル移行手数料が無料となっているJCBブランドを発行すべきということになります。

 

3ブランドすべてを持つことも可能

ここで、ANAカードは、「ソラチカカード(JCB)」、「ANA VISA Suicaカード」、「ANA VISA nimocaカード」、「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」の4枚を別枠として、それぞれのブランドのカードを1枚ずつ保有することが可能となっています。

ANA学生カードは、継続ボーナスマイルとして1枚につき毎年1000マイル獲得ができ、年会費が無料であるため、持っているだけで毎年1000マイルを獲得できるという非常にお得なカードとなっています。

また、大学などを卒業すると、自動的に一般カードに切り替わり、この際、1枚につき、卒業マイルとして、2000マイルを獲得できます。

ANA一般カードは、初年度年会費が無料となっているため、自動的に切り替わり、卒業マイルを獲得した後、継続するかどうかを決めることもできるかと思います。

なお、これらの3ブランドのANA一般カードは、以下の記事で解説しているように、

死蔵カードとしてもおすすめとなっているため、一般カードに切り替わった後も保有したままで損をすることはないかと思います。

そのため、メインカードとしてJCBブランドを利用しつつ、学生カードの3枚すべてを保有するという選択肢もあるのではないかと思います。

 

まとめ

今回は、学生がANAマイルを貯めようと思ったときに、一番初めに作ることを検討するであろう学生カードの選び方について解説させていただきました。

ANA学生カードには、JCB・VISA/マスターの3ブランドがあり、JCBブランドのみが10マイル移行手数料が無料となっています。

そのため、JCBブランドが最もおすすめになりますが、学生カードの継続ボーナスマイルや卒業マイルなどの面を考えると、メインカードとしてJCBブランドを利用しながら、学生カード3枚をすべて保有することも考えてみるべきではないかと思います。

 

飛行機に乗らなくても年間20万マイル以上を貯められる!?

ANA陸マイラーの正体を以下の記事で解説しています。