杜のくまさんの陸マイラーへの道

ハワイ情報、SFC修行などを含めた陸マイラー活動をマイペースに紹介いたします。

ハワイが好きな方はANA陸マイラーになるべきワケとは!? タダでハワイに行きましょう!!

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

みなさん、ハワイは好きでしょうか?

「YES!!」という方、ANA陸マイラーになってみませんか?

今回は、私のようなハワイ好きがANA陸マイラーになるべきワケについて語っていきたいと思います。

f:id:morikuma_8010:20191227153529j:plain

 それはズバリA380の就航!!

先に結論を言わせてもらうと、最大の理由はANAの成田=ホノルル便がA380型機で運航されているということです。

みなさんもニュースなどでこのホヌが描かれた飛行機を目にしたことがあるのではないでしょうか。

f:id:morikuma_8010:20190301001311j:plain

このA380型機を特集しているANAのホームページを見てみると、

f:id:morikuma_8010:20190302003617j:plain

以上のようなA380型機の3つの特徴を紹介しています。

その3つ目に注目してください。

「特典旅行券の座席数が拡大」とあります。

ANAに限った話ではないのですが、ホノルル便の特典旅行券というものは、繁忙期でないときでさえも非常に取りづらくなっています。

ですが、このA380型機の就航により、特典旅行券が取りやすくなっています!!

実際に、春休み期間であっても特典航空券の空席が見られます。

f:id:morikuma_8010:20200302121348j:plain

これはハワイ好きにはうれしい話ですね。

 

提供座席数の増加がポイント

これまでは、ANAのホノルル便は、成田発着が1日2便、羽田発着が1日1便運航されているすべてがB787-9型機での運航となっていました。

B787-9型機の座席数は246席のため、成田・羽田=ホノルル線の提供座席数は、

246×3=738席

でした。これがA380型機の運航が開始されたことでどうなったのでしょうか。

ちなみに、A380型機の座席数はなんと520席です。

成田=ホノルル便の2便がA380型機での運航されている日の場合、

246+520×2=1286席

と1日当たりの提供座席数が500席以上も増えるんです。これは、現在運航しているB787-9型機の2機分以上の増加です。

特に閑散期などでは、この座席数が埋まらないリスクもあるので、特典旅行券の枠が大きく増加することも予想できますよね。

 

ファーストクラスの導入

それに加え、ANAホノルル線で初めてファーストクラスが導入されます。

そして、ファーストクラスにも特典旅行券が設定されるんです。

f:id:morikuma_8010:20190301001333j:plain

こんなゆったりとしたシートでハワイに着く前からリッチ気分が味わうことのできるファーストクラスも魅力的ですよね。

詳しく知りたい方は、以下の記事で、A380型機のシートを紹介しています。
ところで、ファーストクラスはビジネスクラスよりも高価で、私のような庶民が手の届くものではないというイメージがありませんか?

確かに、以下のように、1人70万円以上もするので、普通にお金を払っていくのは厳しいです。

f:id:morikuma_8010:20191227154420j:plain

ですが、特典旅行券で行けるのであれば、乗ってみたいという気持ちになりませんか?

 

ANAホノルル線の特典旅行券の必要マイルは!?

では、ANAのホノルル線の特典旅行券を取るためにはどのくらいのマイルが必要なのかを確認していきましょう。

以下の表をご覧ください。

f:id:morikuma_8010:20191227153658j:plain

レギュラーシーズンで考えると、往復での必要マイルは、エコノミーで40000マイル、プレエコで58000マイル、ビジネスで65000マイル、ファーストで120000マイルとなっています。

飛行機に乗る以外の方法でマイルを貯める方法を考えた時に、みなさんが一番に考えつくのがクレジットカード決済でマイルを貯めるということかと思います。

もし、先ほど紹介したファーストクラスを利用して毎年ハワイ旅行をしようと思った場合、毎年1200万円の決済が必要です。夫婦で行こうと思った場合、2400万円です。かなり厳しいというより不可能な数字ですよね。

ですが、ANA陸マイラーになれば、これを可能にすることができるんです!!

 

ANA陸マイラーになれば毎年夫婦でファーストクラスに乗れる!?

ANA陸マイラーになると、努力次第で、年間20万マイル以上を獲得することができるようになります。

2人分のファーストクラスの特典旅行券の必要マイルは24万マイルのため、十分到達することのできる数字となっています。

実際に、杜くまは以下のようなペースでクレジットカード決済以外のマイルを獲得できています。

f:id:morikuma_8010:20191227154605j:plain

赤線で引いた部分がANAのサービス以外の部分(ポイント移行等)で獲得したマイルです。この1か月では、25000マイル以上を獲得していることをわかっていただけるのではないでしょうか。

このペースで1年間獲得し続けると、30万マイルほど獲得できることになり、夫婦やカップルでファーストクラスを使ったハワイ旅行に行けそうですよね。

特典航空券で行くことで、航空券の料金はタダ(諸税やサーチャージは除く)となるため、この航空券が浮いた分のお金でホテルのグレードを上げるなんてこともできるかもしれません。

もちろん、ファーストクラスでなくてビジネスクラスで十分という方や、家族4人でエコノミーで行きたいという方よりハードルが下がります。

それでは、どのようにすれば陸マイラーが1年間で20万マイル以上を獲得できるのでしょうか。

その核心に迫っていきましょう。

 

1年間で20万マイル以上を生み出す方法とは!?

それはずばり、「ポイントサイト」の利用です。

普段の買い物をポイントサイト経由で行うことで、ポイントを2重取り、3重取りすることができます。

また、クレジットカードの発行や証券・FX口座の開設の案件をこなすことでも高額のポイントをゲットできます。

「ポイントサイトって何だ?そんなん怪しいに決まってる。」と思っている方は、以下の記事を読んでいただければその仕組みを理解でき、決して危険でないことはわかっていただけます。

ポイントサイトを使ったポイントの貯め方に関する詳しいことは、以下の記事をご覧ください。

 


そして、これらのポイントサイトで貯めたポイントをTOKYUルートを使ってANAマイルに交換することで年間20万マイル以上という大量のマイルを獲得することが可能となっています。

TOKYUルートに関しては、以下の記事をご覧ください。

このように、ポイントサイトを利用したポイント活動(=ポイ活)を行うことで、貯めたポイントをマイルに交換し、年間20万マイル以上という大量のマイルを獲得することができるんです。

みなさんも毎年夫婦でファーストクラスで旅行など、日々の生活に+αの充実を付け加えることができる陸マイラーになってみませんか!?

 

まとめ

今回は、ANAのA380型機就航により、特典旅行券の枠が広がったため、ハワイ好きの方が陸マイラーになるべきであるという杜くまの考えを語らせていただきました。

ポイントサイトが強力であることがわかっていただけたでしょうか?

少しでもポイントサイトに興味を持っていただけたのであれば幸いです。

当ブログでおすすめしているポイントサイトは以下の4つになっていますので、こちらから登録し、どんどんポイントを貯めていきましょう。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

毎日貯まるポイントサイト ECナビ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ポイントサイトのポイントインカム