杜のくまさんの陸マイラーへの道

ハワイ情報、SFC修行などを含めた陸マイラー活動をマイペースに紹介いたします。

ハワイ好きがANA陸マイラーになるべきワケ

みなさん、おはこんにちばんは!!

杜くまです。

みなさん、ハワイは好きでしょうか?

「YES!!」という方、ANA陸マイラーになってみませんか?

今からでも遅くはないというより、今がチャンスかもしれません。

今日は、私のようなハワイ好きがANA陸マイラーになるべきワケについて語っていきたいと思います。

 それはズバリA380の就航!!

先に結論を言わせてもらうと、最大の理由は今年の5月24日からANAの成田=ホノルル便がA380型機で運航されているということです。

f:id:morikuma_8010:20190301001311j:plain

このA380型機を特集しているANAのホームページを見てみると、

f:id:morikuma_8010:20190302003617j:plain

以上のようなA380型機の3つの特徴を紹介しています。

その3つ目に注目してください。

「特典旅行券の座席数が拡大」とあります。

ANAに限った話ではないのですが、ホノルル便の特典旅行券というものは、繁忙期でないときでさえも非常に取りづらいですよね。

ですが、このA380型機の就航により、特典旅行券が取りやすくなるようです。

これはハワイ好きにはうれしい話ですね。

提供座席数の増加がポイント

現在、ANAのホノルル便は、成田発着が1日2便、羽田発着が1日1便運航されていますが、すべてB787-9型機での運航となっています。

B787-9型機の座席数は246席のため、成田・羽田=ホノルル線の提供座席数は、

246×3=738席

となっています。これがA380型機の運航が開始されるとどうなるのでしょうか。

ちなみに、A380型機の座席数はなんと520席です。

5月24日~:成田=ホノルル便のうち1便がA380型機での運航になった場合

246×2+520=1012席

7月1日~:成田=ホノルル便の2便がA380型機での運航になった場合

246+520×2=1286席

と1日当たりの提供座席数が500席以上も増えるんです。これは、現在運航しているB787-9型機の2機分以上の増加です。

特に閑散期などでは、この座席数が埋まらないリスクもあるので、特典旅行券の枠が大きく増加することも予想できますよね。

ファーストクラスの導入

それに加え、ANAホノルル線で初めてファーストクラスが導入されます。そして、ファーストクラスにも特典旅行券が設定されるようです。

f:id:morikuma_8010:20190301001333j:plain

こんなゆったりとしたシートでハワイに着く前からリッチ気分が味わうことのできるファーストクラスも魅力的ですよね。

詳しく知りたい方は、以下の記事で、A380型機のシートを紹介しています。
ところで、ファーストクラスはビジネスクラスよりも高価で、私のような庶民が手の届くものではないというイメージがありませんか?

確かに、1人30万円以上もするので、普通にお金を払っていくのは厳しいです。

ですが、特典旅行券で行けるのであれば、乗ってみたいという気持ちになりませんか?

 

ANAホノルル線の特典旅行券の必要マイルは!?

では、ANAのホノルル線の特典旅行券を取るためにはどのくらいのマイルが必要なのかを確認していきましょう。

以下の表をご覧ください。

f:id:morikuma_8010:20190210155041j:plain

レギュラーシーズンで考えると、往復での必要マイルは、エコノミーで40000マイル、プレエコで58000マイル、ビジネスで65000マイル、ファーストで120000マイルとなっています。

みなさんの中には、クレジットカード決済でマイルを貯めている方が多いかと思います。

もし、先ほど紹介したファーストクラスを利用して毎年ハワイ旅行をしようと思った場合、毎年1200万円の決済が必要です。夫婦で行こうと思った場合、2400万円です。かなり厳しいというより不可能な数字ですよね。

ですが、ANA陸マイラーになれば、これを可能にすることができるんです!!

ANA陸マイラーになれば毎年夫婦でファーストクラスに乗れる!?

ANA陸マイラーになると、目指すべきはクレジットカード決済分を除いて、毎月18000マイル、1年間で216000マイル獲得するということになります。

また、これは誰もが達成可能な数字になっています。

2人分のファーストクラスの特典旅行券の必要マイルは240000マイルのため、この数字を引くと、残り24000マイルです。

この残りの部分に関しては、後程登場するnimocaルートの利用や、夫婦で陸マイラーになることで補うことができます。

また、普段の生活でのすべての支払いでクレジットカードを利用するように意識し、毎月20万円ずつ決済していれば、達成できます。

どうでしょうか、少しは現実味が出てきたでしょうか!?

もちろん、ファーストクラスでなくてビジネスクラスで十分という方や、家族4人でエコノミーで行きたいという方よりハードルが下がるかと思います。

それでは、どのようにすれば毎月18000マイル、1年間で216000マイルを獲得できるのでしょうか。

 

毎月18000マイル、1年で216000マイルを生み出す方法とは!?

それはずばり、「ポイントサイト」の利用です。

普段の買い物をポイントサイト経由で行うことで、ポイントを2重取り、3重取りすることができます。

また、クレジットカードの発行や証券・FX口座の開設の案件をこなすことでも高額のポイントをゲットできます。

詳しいことは、以下の2つの記事をご覧ください。

これらのポイントサイトで貯めたポイントをLINEポイントルートを利用してANAマイルに交換することでこの数字を実現できるんです。

LINEポイントルートについては、以下の記事で解説しています。
なお、このLINEポイントルートで交換できる上限が、毎月18000マイル、1年間で216000マイルとなっています。

これを超える交換を行いたい場合は、以下の記事で紹介しているnimocaルートが利用されます。

このような方法によって、毎年夫婦でファーストクラスに乗ってハワイ旅行を実現することも可能になるんです。


まとめ

本日は、ANAのA380型機就航により、特典旅行券の枠が広がるため、ハワイ好きの方が陸マイラーになるべきであるという杜くまの考えを語らせていただきました。

ポイントサイトが強力であることがわかっていただけたでしょうか?

少しでもポイントサイトに興味を持っていただけたのであれば幸いです。

今日の記事の中で紹介したポイントサイトは以下の3つになっていますので、こちらから登録し、どんどんポイントを貯めていきましょう。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

毎日貯まるポイントサイト ECナビ